FC2ブログ
なんの穴かはナイショ

「硬くしたら駄目」「もしも硬くなってしまったら、何でも私の言うことを聞く」私が一方的に押し付けたルールのこのゲームに、キミが負けるのはすぐだった。赤いペディキュアの私のつま先を口に含みながら私の見ている前で自分でさせられて、果てた後のキミの顔ってば!

目の前にいるのはもう嫌な男ではなかった。ただの私の玩具。誰も観ていないフランス映画だけが、キミが堕ちる瞬間を見ていた。



あの夏は、楽しかったわね。

念入りな足と脚へのマッサージ、汗で汚れた足の指の間を一本一本舌で掃除すること、そうすることで股間を硬くすること、そしてそれを足で弄ばれて気持ちよくなること…私が教える全てにキミは夢中になった。少し夢中になり過ぎたのね、キミがそのドキドキを恋と間違えて私に執着するようになって、面倒になった私はキミを棄てた。知ってる?あれは恋なんかではなくて、ただのマゾとしてのときめきだったのよ。それに自分で気付くにはキミのマゾとしての自覚は薄かったし、私はそれを教えるのが面倒だった。



今日はね、少し嫌なことがあったから呑み直したくてここに入ったの。たまたま通りかかったこのバーの、たまたま押したドアのすぐ近くに座っている男。

目が合って、視線が下に…薄いシフォンのミニスカートから覗く私のふとももから、ベージュのエナメルのハイヒールのつま先までをじっと見て、そして驚いた顔のキミともう一度目が合った。そう、キミがあの夏の間なによりも見続けていたこの脚と足。そして、私があの夏の間見続けた、キミのその熱に浮かされたような目。

あれから何年経ったかしらね?無意識に脚を見てしまうところを見ると、キミの心に残した棘はまだ消えていないみたいね。あれから私の脚を思い出して自分でした?誰かとセックスするたびに足を舐めたくて、でもできなくてもどかしい想いをした?それとも誰かに告白して脚と足で虐めてもらった?


ああ、さっきの嫌なことなんて忘れてしまった。あの夏の夜のように、今夜もキミに一杯のお酒をご馳走になって帰ろう。その前に、今夜は私からキミに聞くわね、また会えるかな…って。


[ 2018-06-15 (Fri) 15:40 ]  
   Category:七こすり半劇場