FC2ブログ
なんの穴かはナイショ

ボーイフレンドやオーランドブルーム以外の男なんてね、わたしにとっては男じゃないの。

そう耳元で囁くと、おまえは厳重な猿轡の隙間からうーうーとくぐもった声を漏らす。なあに?悔しいの?それとも馬鹿にされて喜んでいるの?

ねえ、だからおまえの粗末なコレもね、わたしにとってはただのオモチャでしかないわけ。

こんな惨めな目に遭っているのに、なんでココ硬くしてるの?懸命に天を向いて、涎をだらだら垂らしてる。拘束した縄の隙間から覗く紅潮した肌を、そしてその硬くなったソレを指先で撫でると、おまえは身体をびくんと震わせて眼を閉じた。

彼のはね、こんなに粗末じゃないわよ?もっと大きくて、立派で、いつもわたしを気持ちよくさせてくれる。それに比べておまえのコレは何よ?ちっちゃくて貧相なくせに、なんで一丁前に硬くしてるわけ?こんなのじゃ何の役にも立たないじゃない、せめてわたしの遊び道具にくらいは使えるよね?

さあ、何して遊んでやろうか。わたしの役に立たないモノなんて、どうなってしまっても構わない。ぎゅうぎゅうに締め付けてやろうか、電気を流して遊ぼうか。それとも思い切り踏み潰す?握りしめて壊してしまう?

ボーフレンドやオーランドブルーム以外のペニスなんて、わたしにとってはペニスじゃないの。




なぜか最近、寝取られ(比較されてのdisを含む)からのCBTのマゾによく会う。寝取られファンタジーもCBTも好きだから嬉しい!楽しいよね、寝取られ。いつかマゾをクロゼットに監禁して、その部屋でセックスするのが夢です。ベーシックに正座させて見せつけるのも良いけど。

プレイに第三者の影をちらつかせるのも好き。他のマゾでも、他の男でも、他の女でも、他の女王様でも。


・・・ちなみにこういう例えの時によく「オーランドブルーム」って言うんだけど、わたしは別に彼のファンではありません。不思議ね、きっと語感が好きなんだと思います。

[ 2016-05-16 (Mon) 23:03 ]  
   Category:session