FC2ブログ
なんの穴かはナイショ

2月なのに、暖かい一日だった。
柔らかな風が睫毛をくすぐり、おひさまは道行く人たちの冬物のコートの背中を汗ばませる。

もうすぐ春が来るんだ。

春はピンクを身に着けたくなる。買ったまま仕舞い込んでいたmiumiuの薄ピンクのパンプス、ようやく履けるわ。お洋服でピンクはあまり似合わないから、白いレースのワンピースでも買おうかしら。それにお気に入りのOPIの峰不二子ピンクのマニキュアを合わせて・・・ネイルに合う口紅も欲しいなあ。




そんなわけで、「尻尾男」をおつかいに遣りました。

ジェルネイルをしているわたしはマニキュアが塗れないから、代わりに尻尾男の爪にピンクのマニキュアを塗って。そんな変態と一緒にカウンターに行くのは恥ずかしいから、わたしは離れてこっそり見ていることにします。


「いい?これと同じ色の口紅を買って来るんだよ?」
デパートの一階、コスメフロア。普通の男の格好に爪だけをキュートなピンクに染めた尻尾男はコクリとうなずくと、覚束ない足取りでカウンターへ向かいます。
まともに歩けないのも当然でしょう、この変態尻尾男は自らの意思で、アナルに電動式のバルーンを仕込んでいるのです。もしくは、怯えているのかもしれません。もしもわたしを待たせ過ぎたり上手に買い物が出来なかったら、この場で思い切りぶたれるに違いないのですから。

不審な挙動で、尻尾男が店員のおねえさんに話しかけています。自分の手を見せて、なんとか説明しているのでしょう。ゴツゴツした手にピンクのマニキュアを塗った尻尾男に、店員さんは一瞬けげんな顔をしました・・・が、さすがはプロです。さっと素敵な笑顔の仮面を被り、数種類の口紅を見せてくれているようです。
しかし、尻尾男の隣でお買い物中のおねえさんは、物凄く冷たい目で尻尾男を見つめています。「なんなの、このヘンタイ!?」そんなおねえさんの心の声が聞こえてきそうです。

デパートのコスメカウンターでのお買い物は、意外と時間を要するものです。丁寧なアドバイスや包装、そして各カウンター共通のキャッシャーまでお会計に行く店員さんを待つ時間・・・その間尻尾男はチクチク突き刺さる冷たい視線に耐えなくてはなりません。ピンクの爪を晒したままで・・・

mac01.jpg

そうやって手に入れた、ピンクのリップ!
(こういうピンクをわたしは「峰不二子ピンク」と呼ぶ)

どう?ネイルの色とおんなじでしょう?こういうピンクのお爪にすると、尻尾男の手ですらきれいに見えちゃうのが不思議です。


(変態女装男会って・・・)

ご丁寧にも領収証まで貰ってきた尻尾男。
こんなのお願いする余裕まであったなんて・・・今度はもっと恥ずかしいことさせても平気かもね。


[ 2010-02-25 (Thu) 17:19 ]  
   Category:session

「シオラのフィスト練習台奴隷になりたいんです!」
そんな野望を抱くフィスト・ファッカーM氏。わたしは彼を、フィストの伝道師と呼ぶ。

きれいなピンク色した彼のソコはフィスト・ファックなんて朝飯前、調子が良ければわたしの両拳を飲み込む事だってできるのだ。

・・・しかしあくまでそれは、調子が良ければ。そして小さめなわたしの拳ならともかく、モノによっては飲み込めないなんて言うんだもん!そんなことで練習台奴隷になれると思って!?

ab01.jpg


そんなわけで、更なる拡張を施すことにしました。

もともと持っていたポンプ(オレンジ)では、直腸内を拡げることしかできない。そこで、入り口と奥行きを拡張するためのポンプ(黒)も購入。せっかくだから、同時に入れてみようか?パンパンに膨らませてあげる。

ab02.jpg
(写真で見ると、結構な迫力だね・・・)

拡張の成果か、伸ばして合わせた状態のわたしのてのひら(いわゆる合掌)をズッポリと飲み込んでしまったM氏のアナル。ポンプでの拡張によって、ぐんと奥行きが深くなりました。


最終的な目標は、フット・ファック。
(クリアしてしまったら、また新しい目標が出来るんだろうけど・・・)

この日はくるぶしの辺りまでしか入らなかったけど、もうちょっと拡張を重ねればイケそうな気がする。これからもビシビシ頑張ろうね!


[ 2010-02-22 (Mon) 21:53 ]  
   Category:お道具紹介

いいよ、やってあげる。

最高のとちおとめ、毎週持っておいで。


あなたが何回来た後だろう?わたしの排泄物は、甘くていい匂いで、そして美しい。わたしの身体を通ったそれは、きっと温かくあなたを犯すでしょう。


もしもそれでも残したら、あなたはわたしの言うこと聞くしかないね。だってわたし、そういう嘘つきは大嫌いだもん。



[ 2010-02-20 (Sat) 05:52 ]  
   Category:ふつうのはなし

なにげなく手に入れるお道具やコスチュームって、実はそのときの「気分」を色濃く反映している気がする。

使い捨てられる紐やロープをせっせと買い込んでいたときには「ペニスをガチガチに縛ったままでの水責め」が流行っていたし(濡れると締まる紐で、嬉々として縛っていた)、ハードな体罰が楽しかったときには無意識に露出度高めのボンテージを手に取っていた・・・

お道具が先か、気分が先か。
わからないけど、リンクしているのは確か。


IMG00023-20100216-1803.jpgIMG00022-20100216-1801.jpg

そんなわたしの最近の戦利品。

付け替え可能なハーネス(持ってるのに!)と、新しいディルド2つ。
写真のディルド、マーブル模様が素敵でしょう?滑らかなフォルムと質感が美しい、ドイツ生まれの憎いヤツです。(前にも書いたと思うけど、わたしはドイツ製という言葉に弱い)

もうひとつ、付け替えできるものの中では一番細いものも購入。わたしの親指よりちょっと太いくらいかな?これならば、初心者さんを犯すことも可能。


IMG00024-20100218-1448.jpg

こちらはアナル注入専用ローション。
奥のほうに注入できる&粘度が持続するので、レイプにはもってこい!

NASA(米航空宇宙局)のダニエル・レイ化学博士(スペースシャトルの開発化学者)がNASAを辞し、カリフォルニア州にBioFilm社を創業し開発した現在名実共に世界最高評価を得ているのが水溶性ローション・アストログライドです。
(ほらわたし、NASAっていう言葉にも弱いから・・・)


そんなわけで、最近は「犯したい」気分みたいです。
ほら、まずはしっかりとしゃぶってごらんなさい?




[ 2010-02-18 (Thu) 15:09 ]  
   Category:お道具紹介

摘んだり、引っ張ったり。

強さや場所、そして使うものを変えるたびに、おまえの声色も変わる。
時には気持ち良さそうな喘ぎ、時にはまるで断末魔の叫び。舌を思いっきり引っ張れば、蛙みたいな醜い鳴き声・・・

何でどこを摘んだら、いちばんいい声が聞けるかな?

pt.jpg

さて、最近手に入れたこのお道具。

鋏にも見える金属製のこのツール、本来はボディピアス用のクランプなのでございます。軽く挟んでも滑らないし、力加減も思いのままだし、気持ちいい責めから拷問まで幅広く使えそう。

ついでだから、ピアッシングのお道具も入手。
・・・また怖いって言われちゃうかな?


[ 2010-02-08 (Mon) 18:16 ]  
   Category:お道具紹介

続けてそんな話をするのもどうかと思ったんだけど、今日も体液のお話。

嫌いなひとは、読み飛ばしてください。
前のエントリーと近いから、おなかいっぱいのひとも読み飛ばしてください。



彼はわたしの吐瀉物で、わたしの体温を感じるという。

わたしの中に吸い込まれていったヨーグルトやゼリーやバナナは清潔にパッケージングされていて冷蔵されていて、いきもののにおいを感じさせない。

わたしの身体を通り抜けて、無機的だったそれらはいのちを持つ。
生温かく、ぬめりを持ち、あなたを犯す。

吐くのに伴う生々しいその音、肌を打つねっとりとしたその質感、鼻につく酸っぱいその臭い、飲み込むのが容易ではない刺激を伴うその味、体温よりも遥かに高いその熱、そして歪むわたしのその表情のすべてが、あなたを侵す。

それはとても静かに(ある種の音を除いては)、淡々と行われる。
最低限の言葉と最高の笑顔、そして吐き出されるそれだけを使って。

もっとわたしを感じてよ。
もっとわたしを貪ってよ。

からっぽになって胃液すら出なくなるまで、与えたい。
にこやかに笑いながら、あなたを汚したい、貶めたい。

だってそれが、あなたに対するわたしの愛情なんだ。



反動を伴う責めが、わたしは好きだ。

それは例えばこちらも痛みを負うビンタやスパンキング、長時間の鞭、良心が咎める酷い罵倒、出来の悪い奴隷を連れてのお出掛け、身体ひとつでの過酷な体罰、そして排泄。

正直言って、吐くのはこちらにも相当の「実感」を伴う。でもだからこそ、わたしはあなたを侵しているのを感じるんだ。とてもリアルに。とても官能的に。


[ 2010-02-03 (Wed) 04:54 ]  
   Category:ふつうのはなし

しつこいようだけど、わたしは体液プレイが好き。

わたしの与えたものを、慈しむように貪る姿を眺めるのが好き。
口の周りや体中を汚しながら、濡れた目をするおまえを見下ろすのが好き。

おまえが触れられるのは、わたしが放ったわたしの徴だけ。その温度で、わたしの体温を感じなさい。その味で、わたしの柔らかな部分を想像なさい。その匂いで、わたしの生を知りなさい。その音で、わたしに穢されているのを思い出しなさい。舌で、咽頭で、肌で、体毛で、粘膜で、目で、耳で・・・わたしをいっぱいに感じてごらんなさい。

ああ、おまえは溺れてしまった。
わたしに?それともわたしの体液に?

・・・そんなことはもう、どうでもいいこと。もっと溺れなさい。後戻りできないくらい、深く。息ができないくらい、深く。




しつこいようだけど、わたしは体液プレイが好き。

人前では恥ずかしくてできないようなことが、何故かおまえの前ではできる。
わざと見せつけて挑発しながら、そのショウは行われる。

ほら、温かいでしょう?それに臭い。美しいとは言い難い音もある。それは生々しくて汚くて、ほんとうは進んで人前に晒したい代物ではない。決してきれいなものではないのはわかってる。でも、するの。その汚物にまみれてこそ、わたしはおまえが、かわいい。

排泄物を「美しいもの」と捉えるよりも、「汚いもの」として見るほうがわたしの好みだ。(「美しい女性が出したものはきれいです!」とか「七様のは汚くないです!」とかたまに聞くけど)

汚いものを与えて喜ぶわたしと、汚いものにまみれて惚けるおまえ。

わたしにだから、やらせてくれるんだよね?
そのほうが断然、エロティックで変態だ。


ほら、早く飲み込まないと、ほんとうに溺れてしまうわよ?
わたしはわたしの徴で、おまえを犯すことも殺すこともできる。


[ 2010-02-02 (Tue) 02:34 ]  
   Category:ふつうのはなし