FC2ブログ
なんの穴かはナイショ

自分が持っていないから、ついつい執着してしまう。

おまえのソコの感触を、わたしの足の甲が覚えている。ヒットしたときのたゆっとした重みを、圧迫されたソコの柔らかさと仄かに感じる芯みたいな強さを、衝撃を吸収してしまったかのように歪むその豊かな弾力性を。

おまえのソコの感触を、わたしの掌が覚えている。ふたつを擦り合わせたときの逃げるような軋むようなもどかしい感じを、強く握ると海の生き物みたいにギュウッと縮んで身を守ろうとするいじらしさを、逃げ場をなくすとさっきまでの柔らかさを失いただただ固く張り詰めるのを。


潰玉(かいぎょく)潰玉(かいぎょく)
(2009/09/11)
墨谷 渉

商品詳細を見る


女子に睾丸を潰されたい男子が主人公、な「潰玉」を読んでみました。

芥川賞候補にもなったこの作品、読んでいるだけで睾丸の仕組みにも詳しくなってしまうこと請け合いの玉潰し小説です。(「玉潰し小説が芥川賞の候補作になるなんて、いい世の中になりましたねえ」とは、わたしにこの本をくれた玉責め先生の談。確かに。)

しかしながらこのお話がSM小説と違うのは、潰すほうも潰されるほうも「相手が誰でもいい」ってこと。「誰かに睾丸を潰されたい男」と「誰かの睾丸を潰してみたい女」が偶然出会っちゃった。

わたし自身には、こういう「誰のでもいいから○○○したい」っていう欲求があまりない。睾丸は潰してみたいけど、それは潰したい相手がいるからだ。フィジカルでもメンタルでもソフトでもハードでも、まずは相手ありき。「こいつにおしっこ飲ませたい」とか「この人の身体をめちゃくちゃにしてみたい」とか、相手がいるから何かをやりたくなっちゃう。

「誰でもいい」方が、欲求としては純粋なのかもね。そういう純粋な欲求を、句読点少なめで鉤括弧なしで淡々と(個人的に大好きな文体)綴ったこの作品、玉潰しに興味のある方は是非。併録の「歓び組合」も面白かった。わたしはこっちの方が好き。


[ 2009-12-22 (Tue) 15:50 ]  
   Category:よいこの読書感想文

奴隷同伴でのお買い物にハマっている。

デパートの化粧品売り場やランジェリーショップ、若くて綺麗な女性のいっぱいいるところに連れて行くの。もちろん、奴隷の身体にはいたずらを施して・・・

恥ずかしい穴にローターを突っ込まれたまま、彼は金魚のフンみたいにわたしの後を必死について来る。
必死なのも仕方ないわね。ちょっとでも遅れると、巻きつけられた首輪のリングを引っ張られて急かされるから。わたしにそうされることによって、彼の首に巻かれた無骨な首輪は周囲の視線を集める。すれ違う若い女性やにこやかに挨拶をする店員さん・・・スーツ姿にそぐわない首輪と彼の顔を、誰もが一斉に見つめる。

更に粗相があれば、靴売り場の真ん中だろうが化粧品カウンターの目の前だろうがお構いなしに、わたしは彼の頬を打つ。パーンと響く乾いた音に、周りにいる人たちはいっせいにこちらを振り向く。刺さるような視線の中で頬を高潮させうつむく彼に、ちゃんとしてよねと冷たく言い放ち、わたしはまたスタスタと歩き出す。ほら、うつむいてる場合じゃないでしょう?もたもたしてたらまた、首輪に指をかけて引っ張るからね。

叩いても、罵っても、おまえは粗相ばかり。あんまりにも愚図だから腹が立って、最後はデパートの前で正座させちゃった。あはは、外に出て冷えてから初めて気がついたんじゃない?自分がものすごい汗をかいていることに。

isetan.jpg

今回はエッチな下着やさんで恥ずかしいパンティを購入。なんだか複雑な形だから、店員のおねえさんにちゃんと履き方を聞いて来るんだよ。ちゃんと自分で履くことも伝えて、領収書貰ってらっしゃい。

white_20091217195003.jpgback.jpg


その他にも、お外で出来る遊びっていっぱい。

ちょっとブームになりつつあるので、お出かけ用リモコンバイブをふたつも新調しました。使うのが楽しみだな!


[ 2009-12-17 (Thu) 20:09 ]  
   Category:session

cover.jpg

ついに!解体されてしまいました!

思いの丈を、滔々と語ってしまいました。「いまのわたし」が思っていること、うまく伝わるといいなあ。是非読んでみてくださいね。

ドミナ解体新書

とりとめのない話をここまでまとめてくださったマイさん、ありがとうございました。


それにしても最近、日々のセッションが楽しい。
悩んで考えて、ようやく一皮剥けてきたのかしら・・・?


[ 2009-12-16 (Wed) 15:45 ]  
   Category:ふつうのはなし

bdp.jpg

粋なことするじゃないの!
ツテを辿ってまでもプレゼントを渡そうとする心意気、なかなかよろしい。Tにーよ、喜べ。これできみは奴隷に一歩近づいた(笑)!

遠くに住む見習い下僕からの、バースデイプレゼント。
色々な方のご尽力で、わたしのもとに届いたようです。

今年もわたしは恐ろしいほどわがままに、バッカスよりも飲んだくれて、かぐや姫ばりの無茶を言い、力の限りSMを楽しんで・・・そうやって生きていこうと思います。

ありがとう!


[ 2009-12-15 (Tue) 20:21 ]  
   Category:ふつうのはなし

やっぱり、所有者は明確にしたほうがいいと思うんだ。

あなたに恋人がいても、家庭があっても、他の女王様とプレイしても、それはちっとも構わない。でも、いかなるときも「あなたの持ち主はわたし」だということを忘れちゃ駄目。

誰かとロマンティックなデートをしても、飲み屋のおねーちゃんを口説いてる時も、厳格なボスとしていばっていても、忘れちゃ駄目。あなたはわたしに嬲られ、蹴飛ばされ、トイレにされ、連れ回され、汚され、嘲笑われ、そんなことされて興奮しちゃうどうしようもないマゾで、わたしのオモチャだってこと。

あなたが忘れないように、あなたの心に居座ってるつもり。
それでも忘れちゃうお馬鹿さんには、目に見える烙印を押してあげようか。


kote.jpg


オーダーしていた焼印が、ようやく完成しました。

早速革製のネームタグに押してみようとトライしたんだけど、手持ちのターボライターでは火力が足りなかったみたい。色々実験してみようっと。図柄はそのときのお楽しみに!・・・って、だいたい何て書いてあるか想像つくよね?

焼印を英語でbrandって言うのは知ってたんだけど(身体改造でブランディングって聞いたことあるから)、ハイ・ブランドとかブランド戦略の「ブランド」って、焼印から来ていたんだね。SMプレイに於ける焼印のことをkiss of fireとも言うそう。かわいいね。

ところで、家畜に施すという「凍結烙印」が気になっています。体毛の薄い人間には効果ないのかな?そのへんに詳しい人がいらしたら、アドバイスよろしくです!


[ 2009-12-10 (Thu) 17:08 ]  
   Category:ふつうのはなし

モノの多い我が家において、お洋服や靴、本、レコード、椅子に次いで幅をとっているのがDVDだ。

昔はせっせとTSUTAYAで借りては観ていたのだけど、どうもわたしにはDVDを返す能力が欠けている。渋谷TSUTAYAのテナント料はわたしの延滞料で賄われているんじゃないかと思っちゃうくらい、毎回かなりの額の延滞料を支払っていた。業を煮やしたわたしは(自分が悪いんだけどね)近所に住む男子を「TSUTAYA奴隷」に任命し、好きな時間に彼を呼び出しては返却するDVDと新しく借りるDVDのリストとお金を渡しTSUTAYAに走らせるという暴君ぶり(TSUTAYA DISCUSの先取り!?)を発揮していたのです。彼が引っ越してしまうまで。

TSUTAYA奴隷なきいま、私はDVDを「借りて観る」のではなく「買って観る」ようになりました。
こうやってモノが増えていく・・・


hardcandy.jpg

週末DVDを整理していて見つけたコレ。

そうだ!持ってたんだった!
睾丸摘出のことばっかり考えている昨今、どうして思い出さなかったんだろう?

「出会い系で知り合った少女を自分の部屋に誘い込んだが意識を失ってしまい、目を覚ますと拘束されていて少女に睾丸を摘出されようとしている」・・・なこの映画、拘束によりいとも簡単に逆転してしまう二人の立場や睾丸を取られてしまう恐怖はもちろん、男をじわじわ恐怖の淵に追いやる少女の遣り口がとってもSM的。ただチョキンと切っちゃうだけじゃあ、つまらないもんね。

「ほら、右と左、どっちにするの?優しいでしょう?選ばせてあげるなんて」
「大丈夫、冷やしてあるからそんなに痛くないと思う・・・やったことないから知らないけど」

そういう言い方、わたしの遣り口に似ているなあ。


興味のある方は、観てみてね。
私も今日の夜、観る予定です。
(まだ観なおしてないんだよね!昔の記憶で書いているので、間違ってたらごめん。)


[ 2009-12-07 (Mon) 16:04 ]  
   Category:私のオカズ

早いもので、もう12月。

一年の締めくくりで、わたしの生まれた月。
そして、わたしがラ・シオラに舞い戻った月。

この一年間を、粛々と振り返ってみた。美しい一年間を送れたか、「世界一サンパティークな女子」(わたしのモットー)として過ごせたか、思い残すことはないか・・・思い起こしてみてのこの一年間は、

すっごく楽しかった!!!

これもひとえにみなさまのおかげです。どうしようもないマゾ達、愛すべき変態ども、ありがとう。今のわたしはあなた達の上にハイヒールで乗っかって、世界を上から見ています。そしていつも支えてくださるシオラのみなさま、ほんとうにお世話になっております。・・・それからついでに、デートとかした何人かの男子もありがとう。あの時はそれなりに楽しかったよ。


さて、ここのところシオラでは大きなムーブメントが起こっています。
ネオクラシシズム、新古典主義。

わたしもわたしなりに、一年を振り返ると共に考えてみました。SMシーンはつまらなくなっているのか?既に伝説となりつつあるマニアの人たちはどこへ行ってしまったのか?わたしにとってSMとは何か?プロの女王様とは何か?どうしてあのセッションはつまらなかったのか?わたしは何故SMが好きなのか・・・

わたしには「女王様を志すきっかけになった原体験」のようなものがない。
昔からM男ばかりが寄ってくるとか、映画や小説で深く感銘を受けたとか、無くはないけど直接のきっかけになったとは言い難い。ただ、人間の心と身体で遊ぶのが好きだったし、もっと色々なことを試してみたかった。

遊びたい、多分それがわたしのクラシックだ。
人間のいやらしいところ、きたないところやズルいところ、脳みそ、無限の可能性、そして愛、そういうもので遊びたいんだ。

まだ上手く書けないけど、自分の中ではある程度まとまったのであとは突き進むのみ。年内に少しでも手ごたえがあるといいなあ。

xmas.jpg

写真は毎年恒例の母からのクリスマスプレゼント、ティファニーのシルバーチャーム。
子供の頃は、妹へのスワロフスキーの動物の方が羨ましかったっけ。いまではこれを貰うたびに「ああ、12月だなあ」ってしみじみします。気付けば既に20個以上集まっているので、「大人になったなあ」っていうしみじみ感もある。


思うところの多い月なんだ、12月は。
つくづくしみじみ。
(12月生まれって、お誕生日とクリスマスを一緒くたにされるよね!)


[ 2009-12-03 (Thu) 17:18 ]  
   Category:ふつうのはなし