FC2ブログ
なんの穴かはナイショ

「七ちゃん、タバスコ使ったことある?」

唐突にリエさまに訊かれ、キョトンとしてしまったわたくし。
タバスコを?何に?何のおはなし?

そのあと梨乃さまとのダブルスで「玉責め先生」とのプレイを控えていたのですが、よくよく聞いてみると「睾丸をタバスコに浸してみたらどうなるか」という提案でした・・・


うーん・・・楽しそうではないですか!


はじめて行ったホテル(すごく良かったので、近々裏シオラにアップしますね)で、ビール片手にご機嫌で睾丸を責める梨乃さまとわたくし。
玉責め先生所有の英国製ハンブラー、同じく玉責め先生所有のアクリル玉挟み具、七1号、麻ひも、梨乃さまの定規、乗馬鞭、そしてわたくし達のてのひら・・・散々睾丸をいたぶったあとで、おもむろにタバスコの瓶を開けて・・・

どうせならコットンにタバスコを染み込ませてパックしてやりましょうと盛り上がる我々でしたが、意外とタバスコってキツいみたいね。
ドMの眼をしつつも、あえなくギブアップでございました。

ギブアップ出来ないように、口塞げば良かった。

辛いものが好きだけど、粘膜が弱いせいかすぐに唇が腫れてしまうわたくし。まあ気持ちはわかります。でもタバスコ責めのコツは掴んだから、また試してみたいな。


機会があったら一緒にリベンジしたいですね、梨乃さま!




私信:アオキくん
ヴーヴは飲んだ?
今度、時間があったらハンズに付き合ってね。
ただし、役に立たなかったらぶっ飛ばすけどね。


[ 2009-02-27 (Fri) 03:57 ]  
   Category:session

わたくしは母に、とても厳しく躾けられました。

家から学校、学校から塾、塾から家までは送り迎え付きで遊びに行く時間はなかったし、大学に入ってからも、19歳で家を出るまで休日の門限はなんと午後六時!
そんな早くに帰って何をするかというと、せっせとさやえんどうの筋を取るお手伝いをさせられたりしていたわけです。

漫画や雑誌はもちろん買ってもらえなかったので、幼い頃から読むのは小説や伝記ばかりだったし(それが後にいまの変態につながるわけですが)、嫌いなピアノやフルートのお稽古もさせられてたし・・・ああ、思い出すだけで退屈な、わたくしの未成年時代!

そんなわけで私はいま、遅過ぎる反抗期の真っ最中なわけですが(笑)、母から厳しく言われていたことで感謝していることもあるのです。

立つときは膝をきちんと伸ばすこと
格好良く歩くこと
きちんとした靴を履くこと
そして美しい靴は美しく履きこなすこと

あんなに母に教え込まれていたのに先日のウォーキングレッスンで反省するくらいですもの、正しく歩くことって、ほんとうに難しい。
でも、子供の頃から多少なりとも気を配っていたおかげで、私はまっすぐで程よく筋肉のついた足(某M男曰く「イタリア人の膝下と、わがままな太腿」。なんだそれ)をキープしているのです。


話が長くなってしまいましたね。
新しい靴の自慢をしようと思っていたんだった。

boot.jpg
(おパンツが・・・!)

プレーンな本革ブーツです。
膝にかかる長さと、柔らかなレザーがお気に入り。
ほんとうは普段履きにしようと思っていたんだけれど、これを履いてM男の顔をオットマンにすることを想像したら盛り上がってしまって・・・プレイ用に決定です。
フィット感も素敵でしょう?

その他にもおニュウの靴(増えすぎて納まらないくらい!)はあるので、ちょこちょこ紹介して行こうと思います。

「素敵な靴は、素敵な場所に連れて行ってくれるのよ」
とは母の言葉ですが、母は毎年私の誕生日に美しい靴を贈ってくれます。その中にはたまにプレイで使っているものもあるのですが、まさか「素敵な靴が連れて来てくれた素敵な場所」が私にとってはSMだったなんて・・・。

いい場所に連れて来てもらったなぁ。


[ 2009-02-26 (Thu) 16:02 ]  
   Category:乙女のクロゼット

「わたしの胃袋は、ドン・ペリニヨンしか受けつけないの」

と言い放って顰蹙&失笑を買ったのはナオミ・キャンベルですが、
わたしも呆れられるのを覚悟で言ってみます。

「わたしの聖水は、ヴーヴ・クリコで出来てるの」

img10063437493.jpeg


わたしはお酒が好きだ。
中でも、ヴーヴ・クリコが好きだ。週3は呑んでいる。
味もラベルも名前も(未亡人クリコ!)大好きだ。

なによりシャンパンを呑んだ後のおしっこは気持ちいい!
お酒を飲んだらおしっこがいっぱい出るのは当たり前だけど、シャンパンを呑んだ後のおしっこは普通より熱い(気がする)。
熱いのがいっぱい出るから、プチ射精感があるのだ・・・射精したことないけど。

そんなことを知ってか知らずか、このあいだヴーヴを持って来てくれたM男がいた。
彼が聖水大好きだったので、呑みながら飲ませていたのですが・・・
「あああ!熱くてきもちいいいい!!!」
と、口からゴボゴボ溢れさせつつ叫びながら果てていたので、信憑性あるかも。

そういえば聖水のことを英語で『Golden shower』ではなく『Champagne』っていうひとも稀にいますね。ヨーロッパのひとに多い気がする。

何はともあれ、わたしの聖水がほんとうにヴーヴ・クリコの味がするかは・・・飲んだM男のみぞ知る・・・ウフフ


[ 2009-02-25 (Wed) 02:44 ]  
   Category:ふつうのはなし

『まぼろしパンティ』ってご存知ですか?

学園内にはびこる悪を退治するために、細腕のヒロインが頑張っちゃうっていう、永井豪の漫画です。
その悪っていうのが不良男子生徒だったりするので、ヒロインは男子を惑わして勝つために裸、でも恥ずかしいからパンティを被って顔は隠すという・・・まあ、機会があったら読んでみてください。ヒロインの露出願望と羞恥心が相反している(気がする)、良い漫画です。

そんなまぼろしパンティになりきって陵辱されたい変態に会いました。

200902192027000.jpg
(終わってほどいちゃった後の写真だけど)

久し振りに本格的かつアホなお芝居をしました。

「えぇい、小賢しい!」
「そんなこと言ってるくせに、ここは濡れ濡れだねえ・・・」
「正義の味方も所詮、イヤラシイ女の子なんだねぇ」

ノリノリでアドリブを戦わせる、楽しいセッション。

ちなみにこのひと、待ち合わせ場所に下尻丸出しのセーラーマーキュリーの格好で現れました。ハイヒールブーツのせいで、2m近くあるセーラーマーキュリー・・・。そんなわけでセーラーマーキュリーとまぼろしパンティ、二人を陵辱する楽しい夜でした。

こういうファンタジーもおもしろいね。
アホだけど(失礼!)、好きだなあ。


[ 2009-02-22 (Sun) 02:41 ]  
   Category:session

「俺にもプライドはあるんだ」

拘束されて、恥ずかしいことをされて、もっともっと恥ずかしいことをされそうになって、あなたは屈辱に震える顔で言ったわね。

なにを寝ぼけたことを。

そんなこと言いながら、ほんとうはもっといじめて欲しいくせに。
その証拠に、あなたさっきよりもいやらしい顔になってる。

嘘をつくなんて、悪いお口ね。
そんなお口はいらないから、塞いでしまいましょう。

・・・これでもう、嘘はつけないわね。
あなたの饒舌な目や、吐息や、身体や、コレは、嘘をつかないもの。
こんなに涎を垂らして、なにがプライドよ。笑っちゃうわね。

そのちいさなプライドを、わたしが粉々に砕いてあげる。
あなたの知性も理性も、わたしにとっては要らないものだから。
あなたがわたしに屈するのに、邪魔なものだから。

知ってるのよ?
あなたがそうして欲しくて、わたしに会いに来たこと。


[ 2009-02-18 (Wed) 12:02 ]  
   Category:session

みなさま、ケインはお好きですか?

鞭はバシバシ受けているのに、ケインは未経験と言うひとも多いのではないでしょうか。たま~にケイン好きのひとに会いますが、大抵はヨーロッパ圏からやって来たM男くん。(とあるイギリス紳士は、寄宿学校時代のケインでの体罰がきっかけでSMに目覚めたとか!)

canning.jpg

なかなか日本人には馴染みのないケインですが、ヒュンッという鋭い音やくっきりと出るミミズ腫れは懲罰感を高めてくれるのでなかなか良いものです(責める私的にはね)。

さて、本来ケインは籐製ですが、海外の女王様のサイトを覗いていると『グラスファイバー製の鞭』とか『グラスファイバーのケイン』という言葉を目にします。
「また違った痛みなのよん」なんて書いてあったりして欲しくなってしまったのですが、そもそも籐のケインですらなかなか売ってないのに(やはり馴染みがないからか?)グラスファイバー製があるはずがない。

そんなわけで走りました、東急ハンズへ(またしても!)
アクリルの棒を数種類買ってきて、杖型に曲げようと試行錯誤したのですが・・・



折れました。

最近のお道具開発は失敗続きです。
こういうの得意なM男!ハンズ奴隷として名乗り出なさい!



[ 2009-02-17 (Tue) 16:48 ]  
   Category:ふつうのはなし

今日もひとの『はじめて』を奪いまくりました。
「怖いです・・・」なんて言いながら興奮するなんて、困ったものね。
私の下着をクンクンしながら、妄想(とオナニー)に明け暮れるがいいわ!

さて、最近よく「七さまの好きなプレイは何ですか?」と聞かれます。

嫌いなことがあまり無いから難しいけど・・・強いていうなら、乗ることかなぁ。
跨がったり、座ったり、寝そべったり、踏んづけたり・・・
馬乗りになって太腿にあなたの高鳴る鼓動を感じると、私まで興奮しちゃう。

あとはフェチプレイも大好き!
フェチプレイの時だけは、私はその人のファンタジーに100%入り込んでみる。
嫌いなことを一切しない、ひたすら耽美でいやらしいセッション。
ひとのファンタジーにお邪魔するのって、下手な映画一本観るより楽しい。

ビンタだけを延々130分やってほしい人もいれば、SMの王道(一般的にね)である鞭とか縄とかロウソクを一切受け付けない人もいる。
SMの楽しいところはそんなノールールなところだと思うし、例え自分の好きなことだけをやったとしてもタイミングや相性で盛り上がらなかったりもするから、好き嫌いは一概には言えないなぁ、やっぱり。

まあ、『盛り上がる』のが好きなのね、私は。
たまに自分だけ盛り上がって暴走してしまうのが、未熟なところだな。




[ 2009-02-16 (Mon) 02:16 ]  
   Category:session

セッション中、ロウソクに火をつけるときや何かを焼くときや煙草を吸うとき、私はしばしばマッチを使います。

シュッという乾いた音、パチパチとはぜながら揺れる炎、硫黄の匂い・・・
なんだかマッチってとてもエロティックな気分にさせてくれるわね。
吹き消す瞬間もなんだか素敵。

「女性がマッチを擦る姿を見ると興奮する」という珍しいフェチの人とお話ししたこともありますが、なんだか気持ちはわかるなあ。

今のマッチはこれ。

match.jpg

ちなみに私はかわいそうな肉棒を見ると、「おまえのココはマッチみたいだねえ」とか言い放ちます。でも別に、蔑んでるだけじゃないのよ?だってマッチって小さくてかわいいじゃない。

私が火をつけてあげる。





[ 2009-02-14 (Sat) 20:09 ]  
   Category:ふつうのはなし

19歳の時に手にした『薔薇と拳銃』という漫画。
それまでほとんど漫画を読まなかった私に、「これ好きそうだから」と飲み屋のおにいちゃんがプレゼントしてくれました(センスいい!)。

m2037_convert_20090213164131.jpg

富士の樹海の中にお城があって、そこでは性奴となるべく造られたフリークスがお金持ちの変態どもの相手をしている・・・というトンデモナイ漫画なのですが、ここに出てくる悪のボス【マダム・キルケ】がまるでミストレスなんです。

テカテカの黒い(漫画だから黒かどうかは定かではないけれど)コスチュームに身を包み、足元はスーパーピンヒール。吸い口が肉棒型のキセルで煙草を吸い、ミスをした屈強な部下を一本鞭で嬲り殺す(よろこんでいたから、多分Mなのでしょう)。人を人とも思わない極悪非道っぷりです。

たまにはこんな『ザ・悪者』な女王様になるのもいいね。

興味有る方は、探して読んでみてください。
ペンのみで描かれた絵も美しい、素敵な漫画です。
絶版なので古本屋さんでしか手に入らないけど・・・


私信:A氏へ
日曜日の件、オーケーです。
でもお願い聞いてあげるんだもん、私のことを存分に楽しませてね。



[ 2009-02-13 (Fri) 17:52 ]  
   Category:私のオカズ

先日Baby Dollにお邪魔して来ました!

この日は我らが校長、リエさまが一日店長をしていらっしゃいました。
超人的乳首のM男さんや、おなじみの玉責め先生にも会えて嬉しかったです。
リエさま、みらのさま、千葉さま、そしてM男たち、楽しい夜をありがとうございました。

さて、その時購入した白いランジェリー。

white.jpg
(偶然にもくれあさまとお揃いです!)

レースの透け感が美しいでしょ?
素肌を透かすレースって、最高のアクセサリーよね。
普段はほとんど黒い下着しか着けないから新鮮!
とはいえあまりにも気に入ったものですから、ついつい同じものの黒も入手。
普段使いにセッションに、大活躍しそうです。



今日はくれあさまとのWプレイ。

セッションが5~6年ぶりだと言う「SMリハビリ中」の男子をいじめてやりました。
久し振りだから優しくしてくださいなんて彼(スパムおにぎりと命名)は言ったけど、二人にかかってぬるいプレイで終わると思って?アナルヴァージンまでいただいちゃった。

くれあさま、楽しかったですね。ありがとうございました。

P.S.
スパム、乳首カサカサになってない?



[ 2009-02-13 (Fri) 03:27 ]  
   Category:乙女のクロゼット

最近お道具開発に燃えている。

今回は乳首クリップを作ってみようと、東急ハンズへ。
モデルにしたのはこれ。

mag.jpg

マグネットで重りを追加出来るという優れものなの!
ただ乳首ビギナーにはちと重すぎるので、もうちょっと軽いのが欲しくて。

結果は・・・・


できなかった!


乳首を挟むのに良いパーツが、ハンズにはありませんでした・・・。
挟む部分がギザギザだったり、ホールドが弱かったり、大きすぎたり。

金具コーナーや手芸コーナーをたらい回しにされ、その度に
「これは何に使うものなんですか?」と逆に質問され・・・。
最後に行った彫金用品コーナーでは、思わず「乳首にくっつけるんです!」と言ってしまいました。
(その後すかさず「あ、私のじゃないですよ!」って謎のフォロー)

そんな恥までかいたのに、できなかった・・・悲しい。
悔しいのでマミープレイ用のラップを大量に買って帰ってきました。
M男をミイラにして憂さを晴らしてやる。

今度は市販のクリップをカスタマイズして作ってみようっと。



[ 2009-02-10 (Tue) 16:18 ]  
   Category:お道具紹介

正座したままギュウギュウに縛られたM男の目の前に、私は足を差し出す。

まともに身動きも取れないくせに、M男は体をくねらせて舌を伸ばし、私の足の裏に吸い付いて来た。その姿は、まるで餌を求めて必死に池から身を乗り出す鯉みたい。

「ほ~ら、ごはんの時間よ?」

ようやくありつけた餌に夢中で、どうやら私の言葉も聞こえてないみたい。
M男は前歯と舌を器用に使いながら、一心不乱に私の足の裏に溜まった角質を刮げとっている。

「全部綺麗に食べるのよ?残さず食べたらご褒美をあげるからね。」

私はゆったりと背もたれに体を預けると、M男の足の間に目を遣る。だらだらと涎を垂らしながら縄の間から顔を覗かせる私のオモチャを眺めながら、食後のお楽しみのことを考えていた・・・




・・・な~んてことを、昨日お風呂でせっせと足のお手入れをしながら妄想しておりました。

皮膚が柔らかいせいか、ハイヒールで歩き過ぎか、はたまたM男を踏み過ぎなのか。足の裏がすぐ固くなってしまう私。
もちろん毎日こまめにケアはしているし、たまにはフットケアサロンにも行っている。それでも全然自分の足裏に満足いかない・・・だって女の子だもの!ぷにぷにの足の裏でいたいんだもの!

こんなドクターフィッシュみたいなM男がいたら、愛用するのになぁ。


[ 2009-02-07 (Sat) 18:29 ]  
   Category:ふつうのはなし

彩月さまと、初めてタッグを組みました。

我々の餌食は重度の足フェチ氏。
目の前で足の指をくねくねさせるだけで、足の間のアンテナがピクピクしてしまうという強者です。

踏んだり、嗅がせたり、見せつけたり、擽ったり、匂いを覚えさせたり・・・
「足ジャンケンしよ~!」と、まるで小学生な私にひきかえ
彩月さまのエレガントな身のこなしに、思わず私まで勃っちゃいそうでした。

フェチ三つ巴の素敵な夜でございました。



ここから先は私信

Aさん
いつもコメントをありがとう。
あなたは好奇心が旺盛みたいね。
いじめがいがありそうで、楽しみ・・・。
今度あなたの妄想もじっくり聞かせてね。

亜美
海外サイトをパトロールしていたら、セーラー服&キティちゃんパンツ(アメリカにもあるんだね)を穿いたままお尻ペンペンされているM男の写真を発見!
思わず亜美を思い出しました。
今度亜美に同じことしてやろ~っと。

C氏
おかげさまで、ハンブラー完成しました!
まだ使い方知らないシオラーズもいるから、また実験台にならないと・・・
大変だね、玉責め先生も(笑)

淫乱N
例のトレーニング、ちゃんと続けているんでしょうね。
私が貸してあげたお道具だもん、もちろん毎日使っているわよね?
おまえは穴を差し出すくらいしか取り柄がないんだから。
あれぐらいすんなり入るようにならないと、捨てちゃうからね!

名無し氏
誰なのか名乗りなさい!
それをおかずにするなんて、気違いマゾに違いないわね。
勝手に楽しむなんて生意気なんじゃない?

[ 2009-02-06 (Fri) 15:50 ]  
   Category:session

hum2.jpg

こうやって見ると、なんだか楽器みたいね。
これを着けたあなたはきっといい声出すだろうから、楽器には違いないわね。

オリジナルハンブラー、完成しました!

ちょっと塗装に不満が残るので改良するかもしれないけれど、とりあえずバイオリンカラーに仕上げてみました。留め具にはスワロフスキー付き。

hum.jpg
(こういう小さなパーツ、目立たないとすぐ見当たらなくなってしまうのは私だけなのでしょうか・・・)

こんな頼りない木片に体の小さなパーツを挟まれるだけで、おまえは身動きを取ることすらできなくなってしまうのよ?
大事な所を挟まれたまま、どんなことされちゃうのかしらね・・・


[ 2009-02-05 (Thu) 15:13 ]  
   Category:お道具紹介

ご挨拶が遅れましたが、この度レギュラードミナに昇格致しました!

愛すべきM男やM女やフェチ男や家畜たちやシオラのみなさま、私を支えてくださる方々のおかげです。
このポジションに甘えることなく、これからも精進して参ります。

最近、毎日がヤバいくらいに楽しい。
それだけSMが楽しいということです。
愛すべきM男やM女やフェチ男や家畜たちやシオラのみなさまやSMの神様、ありがとうございます!



[ 2009-02-05 (Thu) 02:09 ]  
   Category:お知らせ

なんてかわいいの!と盛り上がって思わず買ってしまいました。

heart.jpg

先端がハート形の鞭でございます。
早速、自分のお尻をペンペンしてみました。

これで叩いたらハート形の跡がつくのでは・・・と目論んでいたのですが、セルフペンペンではうまく力が入らないためかハートは現れず。

思いっきり打つのが楽しみだな~

[ 2009-02-04 (Wed) 16:42 ]  
   Category:お道具紹介

シオラOG、水晶さまに譲っていただいたコスチューム!

red2.jpg
(お尻の日焼けの痕が・・・)

赤と黒のコントラストがサディスティックなPVCのコルセット&赤いTバックでございます。艶々テカテカでかっこいいです!

前にも書いた気がするけど、こういうテカテカしたものを着ると無駄にいじめっこ気分が盛り上がってしまうワタクシ。鞭を振るったり頬を引っ叩く腕にも、ついつい力が入ります。

コスチュームって、自分で選ぶとどうしても色やデザインが偏りがち。
赤と黒の組み合わせのものは持っていなかったけど、着てみると良いですね。
ちなみにもう一着、おっぱい丸出しの素敵なコスチュームも譲っていただいたのですが、それは・・・特別な時にだけ着ることにします。

水晶さま、ありがとうございました!


[ 2009-02-03 (Tue) 16:02 ]  
   Category:乙女のクロゼット

当時の仕事がきっかけで知り合った、Kさんと言うナイスガイ。

とは言っても取引先のエライヒトだった彼とはほとんど話したこともなく、歳もだいぶ離れていた彼と頻繁に二人きりで食事をするようになったのは、とある出来事がきっかけだった。(めんどくさいから割愛)

彼が私を連れて行くのはなぜか毎回、焼肉屋さんだった。
自分はほとんど飲み食いせずに、いつも彼はただただ肉を焼くことに専念した。「これはこのくらいの焼き加減がおいしいよ」とか「ミスジ、食べたことある?」とか言いながらひたすら肉を焼いては私のお皿にのせるKさんの顔は、お酒も飲んでないくせになんだか高揚しているように見えた。

何回めかの焼肉デート、うっすらと彼の不思議な性癖を汲み取っていた私は、酔った勢いも手伝ってサラ~っと聞いてみた。
「Kさんはもしかしてお肉を食べる女の子に何かを感じちゃうわけ?」
さっきまで饒舌だったKさんがピタっと黙ってしまった。目の前の七輪だけがジュウジュウいっている。なんだか気まずい。ので、私はテーブルの下で靴を脱いで向かいに座るKさんの股間に足を伸ばしてみた。

固くなっていた。

問いただしたところ、彼は肉を食べる女子を眺めることで性的興奮を覚えるそうで。しかも自らそれをサーブすることでより興奮が高まるから、焼肉がベストなのだそう。ステーキは食べてるビジュアルは好きなんだけど、自分がお世話してあげられないのが残念なんだって。

ほんとうにいろんな嗜好の人がいるものね。

それからも何度も何度も一緒に焼肉を食べた。食べながら私は足でKさんの股間をもてあそんで楽しんだ。念願のステーキも食べた。個室のあるステーキ屋さんを探して、一口ずつ切り分けて食べさせてもらった。私もなんだか盛り上がってしまって、わざとエロティックに肉を飲み下してみせた。あまりにも興奮したのかその日、彼はパンツの中で射精してしまった。

Kさん、見てますか?
私、貴方が奥様に内緒で持っている携帯の番号が分からなくなってしまいました。職場にメールするのも憚られます。
もしも見ていたら連絡下さい。
またお肉を食べに行きましょう。
私、普通の焼肉じゃ満足できなくなってしまいました・・・。


[ 2009-02-01 (Sun) 03:45 ]  
   Category:ふつうのはなし