FC2ブログ
なんの穴かはナイショ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
ganki_20120630044952.jpg

いい?わたしのお尻の下からは逃げられないの、絶対に。


おまえに出来ることは、わたしのお尻の下で無様にもがくことだけ。おまえが息を吸うのも吐くのも、すべてわたしの意のままなの。おまえの鼻と口は、しっかりとわたしのお尻で塞がれているんだもん。要は、おまえが死ぬのも生きるのもわたしに握られてるってことね。

それにね、わたしは好きなようにわたしのにおいでおまえを侵すことが出来るのよ。必死に息を吸うおまえに、わたしのにおいを嗅がせるのだって、とっても簡単なことなの。

絶対におまえがわたしのことを忘れられないように、いちばん脳みそに近いところにわたしの感触を覚えさせてやるのよ。重さを、弾力を、においを、暖かな湿り気を、沁み込ませてやるの。


もしもわたしのお尻の下から逃げられたとしても、おまえ、わたしから逃げることはできないよ。おまえの頭はわたしのお尻の感触を、重さを、弾力を、においを、暖かな湿り気を・・・そしてそれに興奮してしまったことを忘れることなんて、出来ないんだから。



[ 2012-09-18 (Tue) 15:17 ]  
   Category:顔面騎乗

ひとくちに「顔面騎乗」と言っても、そこには様々な動機がある。

呼吸を奪うための顔面騎乗、屈辱を味あわせるための顔面騎乗、柔らかな肉で包み込むための顔面騎乗・・・おしりの匂いを「嗅がせる」ための顔面騎乗と、おしりの近く(もしくは中の)匂いを「吸い込ませる」ための顔面騎乗だって、近いようでいて全く違う。(英語サイトを巡ってみるとFace sittingだけではなくSmothering、Ass sniffing、Ass smellingなどと細かくジャンル分けされていたりします。)

asssniffing.jpg

どちらかというと強制&圧迫系顔面騎乗好きのわたしですが、こういうのももちろん好き。自ら進んでおしりに顔を埋める感じ、なんかマゾマゾしくて良いよね。

最近は、チューブを使った顔面騎乗を研究中。チューブをどう使うのか・・・そのへんはまあ、妄想しておいてね。


[ 2012-05-30 (Wed) 02:27 ]  
   Category:顔面騎乗

顔面騎乗が好きだ。

顔面騎乗にはいろいろなスタイルがあると思うけど、わたしが好きなのは『責めの顔面騎乗』。わたしのお尻の全てを使って、相手の呼吸を、自由を、尊厳を、抵抗を、心を・・・奪ってしまう。

ganki_20120308195510.jpg

寝かせた相手の体の方を向いて座るのが好き。

おまえの腕を、曲げたわたしの膝の裏に挟んでしっかりと捕まえて、ゆっくりと腰を落としていく。柔らかなお尻の肉が頬に当たるのを感じた瞬間、おまえの鼻と口はわたしのお尻にすっぽりと覆われてしまう。

更に両手でお尻の肉を左右に開き、おまえの顔をより深くに飲み込む。お尻に感じるおまえの鼻や肉の潰れる感触、懸命に吐き出しても行き場無く押し戻されるおまえの呼吸を楽しみながら、ゆっくりと振り向いてみる。


見下ろせば、わたしの真っ白なお尻の下の、泣きそうなおまえの眼。
(・・・真っ白とは限らないか。黒いストッキングから透けるお尻、ヌメヌメと光るPVCに包まれたお尻、紺色のスカートのお尻、ぴったりと肌に沿うデニムのお尻・・・その下の、おまえの濡れた眼。)

おまえからは、何が見える?眼前に迫る大きなお尻の向こうに、わたしの顔。わたしはどんな顔をしている?優しく微笑んでいる?それともおまえには悪魔に見える?



どっしりとおまえの顔の上でくつろいで、本でも読もうか?それともお茶の時間にしようか?尻に敷かれたおまえのことなど気にかけもせず、わたしはおまえの座り心地を堪能する。・・・ほら、だんだん頭に酸素が回らなくなってきた。ああ、そんなに体をジタバタさせてもがいたら、余計に苦しくなっちゃうわよ?

わたしのお尻を払いのけようにも、おまえの手も自由を失っている。苦しいよね?辛いよね?お尻越しに見遣るおまえの眼が、限界が近いのを知らせている。このままこうして乗られていたら、もしかして気を失っちゃうかもしれないね。


・・・ううん、わたしはまだまだ楽しみたいの。

少し重心を前に傾けるように腰を浮かせると、おまえは必死に酸素を取り込もうとする。口にはわたしの大事な部分がしっかりと押し付けられているから、必然的におまえは鼻でしか呼吸することが出来ない。

でも、おまえが懸命に息を吸い込むその鼻先には何があるの?

わたしの大事な部分がおまえの口を塞いでいるのなら、おまえの鼻を塞いでいたのはわたしのお尻の穴の辺りだね。おまえが必死に息を吸い込もうとすればするほど、わたしの放つ芳しい匂いまでもを肺の奥深くに取り込むことになる。それが嫌でも、おまえは深く息をするしかない。わたしの大きなお尻の下で、まだ死にたくなければ。




・・・ムラムラしてきた。

このように、顔面騎乗にはロマンがいっぱい。好きなシチュエーションが多すぎて(しかも細かすぎて)書ききれない!

それでは、あとは実践で。


[ 2012-03-09 (Fri) 18:57 ]  
   Category:顔面騎乗
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。