FC2ブログ
なんの穴かはナイショ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告

おまえは便器なんだから、部屋の中になんていないでちょうだい。

おまえの居る場所は、ここ。おまえの先輩・・・白い便器の上。そう言って自由を奪ったのに、冷たく滑らかな陶器の淵にぬるぬるのペニスをこすりつけて発情するおまえ。まだわかってないの?おまえは人間じゃなくて、便器なの。便器には自由も意思も無いの。思い知らせてやるために、わたしはおまえに最低なマスクを被せる。

ainn2.jpg
(写真では見えないけど、ここは和式便器の上。)

視界と自由な呼吸を奪われて、ようやくおまえは自分が人間ではないことを思い知る。皮膚にぴったりとまとわりつくラバーの甘い香りに、おまえの自我は失われていく。

・・・でもね、それ、ただのラバーマスクじゃないのよ?おまえの人格を木っ端微塵に打ち砕く、品の無い最低なマスク。おまえを便器にしつらえるために用意したマスク。

mask2.jpg

たっぷり注いだそれ、早く飲まないと溺れ死ぬよ。ボウルの中をごぼごぼと泡をたてながら、必死に飲み下そうとするおまえを見下ろしながら、わたしは冷酷に宣言する。いい?絶対に零しちゃ駄目。おまえが助かる道はただひとつ、全部飲み込むことだけなの。もしも零したら・・・そんな使えない便器には酷いお仕置きだよ、わかってるでしょ?



口と鼻の辺りを覆うボウル付きのラバーマスクを買いました。ちょうど口が出るサイズの穴と、小さな鼻の呼吸穴以外、逃げ場がないやつ。

neck.jpg

それと併せて使いたい、首の動きを抑えるグッズ。本来救急用の簡易ギプスです。首を振って逃れられないのって、結構つらいよね。これはハード顔面騎乗のときに使ってもおもしろいです。


[ 2012-07-13 (Fri) 15:05 ]  
   Category:人間性剥奪(モノ・家畜・家具・道具・便器化)

人間には、表情がある。

たとえ口がきけなくても、おまえの表情はわたしにさまざまな情報を伝える。興奮しているのか、快楽に溺れているのか、許しを乞うているのか、恐怖に震えているのか・・・おまえの表情を見ていれば、おまえの感じていることなんてすぐにわかる。表情は、言葉よりも雄弁かもしれない。

face_20120517145808.jpg

だからこそ、表情までもを奪ったの。

歯科用開口器で歯茎から奥歯まで剥き出しにされ唾を飲み込むことすらままならない口、ノーズフックで豚みたいに醜く吊り上げられた鼻。これでその目も塞いでしまえば、ほんとうにおまえは「にんげんではないいきもの」になってしまう。

おまえは、からだだけの、ただのオモチャ。



[ 2012-05-17 (Thu) 15:30 ]  
   Category:人間性剥奪(モノ・家畜・家具・道具・便器化)

先日、代々木公園をお散歩していたのですが・・・

お花見のシーズンということもあって、どこのトイレも長蛇の列。特に女性用は仮設トイレまでしつらえられているにも関わらず、ディ○ニーランドも真っ青の大行列。

これじゃあ、トイレに行きたくなる前から並んでおかないといけないわね。お酒飲むとトイレ近くなるのに、そんなの大変よねー。

IMG00067-20120409-1545.jpg
(へたくそな絵で失礼!クリックで拡大します)

そんなわけで、こんな携帯トイレを考えました。

わざわざトイレまで赴く必要なく、いつでも好きなときに用を足せる!お掃除係も完備だから、きっと公園のトイレより何倍も清潔。

自分達で使うのはもちろん、そのへんでトイレ難民と化しているかわいいお嬢さんに貸してあげるのもいいわね。きっとみんな、使ってくれるわよ。たとえ便器男のキモチワルさに怯んだとしても、公衆の面前でお漏らししてしまうよりはマシ・・・背に腹は代えられないもの。


お花見のシーズンに限らず、夏のビーチや山での行楽にも役立つんじゃないかしら。



・・・なんて、くだらないことを考えつつ、のんびりと桜を愛でた休日でした。
(半分本気だけどね。)


[ 2012-04-11 (Wed) 10:43 ]  
   Category:人間性剥奪(モノ・家畜・家具・道具・便器化)

その時々のマイブームはあるけれど、やっぱりずっと変わらずに好きなのは「黄金便器調教」だ。

特別な道具や小難しい理屈を用いずとも、わたしとおまえの決定的な立場の違いを示すことができる。

「聖水便器」ももちろん好きだけど、おしっこをゴクンゴクンと飲み込む様はまるで子犬が一心不乱にミルクを舐めているようで微笑ましいのに引き換え、必至の形相で咀嚼し飲み下す「黄金便器」は下衆で淫猥で残酷な気持ちをわたしに抱かせる。

惨めに床に転がったおまえの顔の上にゆっくりとお尻を近付け、見せつけたお尻の穴におまえの温かな呼吸を感じながらいきむとき、わたしは何よりも強い性的興奮を覚えるのだ。


しかし出てしまったソレは、わたしにとっては不快なゴミでしかない。

ほら、さっさと始末して頂戴。さっきから水洗レバーを何度も踏みつけているのになかなか流れない。臭いが漏れないように、その穴を塞いでしまおうか。それとも詰まりを解消するためにかき混ぜてやろうか?どっちにせよ、こんな汚い便器には二度と触れたくないわね。





愛のある黄金と「黄金便器調教」は全くの別物だ。

愛の無い便器調教から、愛が生まれることもあるけどね。不思議。


[ 2011-02-17 (Thu) 17:25 ]  
   Category:人間性剥奪(モノ・家畜・家具・道具・便器化)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。