FC2ブログ
なんの穴かはナイショ

「硬くしたら駄目」「もしも硬くなってしまったら、何でも私の言うことを聞く」私が一方的に押し付けたルールのこのゲームに、キミが負けるのはすぐだった。赤いペディキュアの私のつま先を口に含みながら私の見ている前で自分でさせられて、果てた後のキミの顔ってば!

目の前にいるのはもう嫌な男ではなかった。ただの私の玩具。誰も観ていないフランス映画だけが、キミが堕ちる瞬間を見ていた。



あの夏は、楽しかったわね。

念入りな足と脚へのマッサージ、汗で汚れた足の指の間を一本一本舌で掃除すること、そうすることで股間を硬くすること、そしてそれを足で弄ばれて気持ちよくなること…私が教える全てにキミは夢中になった。少し夢中になり過ぎたのね、キミがそのドキドキを恋と間違えて私に執着するようになって、面倒になった私はキミを棄てた。知ってる?あれは恋なんかではなくて、ただのマゾとしてのときめきだったのよ。それに自分で気付くにはキミのマゾとしての自覚は薄かったし、私はそれを教えるのが面倒だった。



今日はね、少し嫌なことがあったから呑み直したくてここに入ったの。たまたま通りかかったこのバーの、たまたま押したドアのすぐ近くに座っている男。

目が合って、視線が下に…薄いシフォンのミニスカートから覗く私のふとももから、ベージュのエナメルのハイヒールのつま先までをじっと見て、そして驚いた顔のキミともう一度目が合った。そう、キミがあの夏の間なによりも見続けていたこの脚と足。そして、私があの夏の間見続けた、キミのその熱に浮かされたような目。

あれから何年経ったかしらね?無意識に脚を見てしまうところを見ると、キミの心に残した棘はまだ消えていないみたいね。あれから私の脚を思い出して自分でした?誰かとセックスするたびに足を舐めたくて、でもできなくてもどかしい想いをした?それとも誰かに告白して脚と足で虐めてもらった?


ああ、さっきの嫌なことなんて忘れてしまった。あの夏の夜のように、今夜もキミに一杯のお酒をご馳走になって帰ろう。その前に、今夜は私からキミに聞くわね、また会えるかな…って。


[ 2018-06-15 (Fri) 15:40 ]  
   Category:七こすり半劇場

最近、新しくシオラに入会した海外の方とセッションする機会が続きまして。

はじめてセッションする際には「なぜSMに興味を持ったの?」というお話をすることも多いのですが、何人かのマゾの口から「ナミオハルカワのアートを見て・・・」という返答がありました。

201805291939198e0.jpeg
(これはわたしが資料用に持ち歩いている春川ナミオファイル)


春川ナミオの描く世界観がだいすきです。

自分の愉しみと快適さだけのために、男を使う。悠然と。ふてぶてしく。豊満な肉体と、余裕の表情。わたしがSMを好きな理由の、最もプリミティヴな部分を煮詰めたようなこの世界観。

SMに触れた経験もバックグラウンドも違う人たちにもしっかりと伝わるんだなあと感慨深かったです。


ああ、顔面騎乗したいなあ。



[ 2018-06-05 (Tue) 16:59 ]  
   Category:ふつうのはなし



ひさしぶりにお写真が更新されました!

シンプルなボンデージと、みんな大好きガーターとコルセットの組み合わせ。どちらがお好み?

是非チェックしてみてくださいね!

http://rieasagiri2008.kir.jp/Ndomina/nana/nana.html
20180520121134fae.jpeg
[ 2018-05-20 (Sun) 10:42 ]  
   Category:ふつうのはなし

こじんまりとした和食の店のカウンターで隣り合って食事をして、そのあとは薄暗い静かなバーでお酒を飲んで…どちらもキミの行きつけだったわね。

嫌な男。

はじめてのデートで自分の行きつけの店に連れて行く男、そしてその店主に「いまこの子を口説いているんだよね」なんてさらりと言ってのけるような男…そんな年上の男を私は何人も知っている。誰もが自信に満ちていて、遊び慣れていて、これまで女に不自由もしてこなかったのだろう。

嫌な男。

趣味の良い部屋の革張りのソファに腰掛けながら、私はそんなことを考える。こうやって、何人もの女をここに連れ込んだのね。「この映画観たことない?じゃあ観ようか」スマートに照明を落とすそのテクニック、一体いままでに何度使ったの?


…さて、どうしてやろうか。


画面の光を受けて白く瞬くキミの顔に、そっと顔を近付ける。受け入れようとするキミの顔を不意に掴むと、耳元で囁いた。ねえ、ゲームしようか。

キミの頬を掴んだまま、立ち上がる。そのまま片手でスカートをたくし上げると、ゆっくりとパンストを降ろしていく。いいわね、その呆気にとられた顔。でも、拒絶する暇なんて与えない。片脚ずつ引き抜いたそのストッキングを手に、抱き付くような体勢でキミの腕を後ろに回して拘束した。さようなら、ピエールマントゥー。私のお遊びのために犠牲になってね。
[ 2018-04-03 (Tue) 20:00 ]   Comment(0)
   Category:七こすり半劇場

暖かくなったり、寒くなったり。安定しないお天気が続きますね。寒いのが好きだけど、そろそろ冬にも飽きてきたわね。早く素足でサンダル履きたいな。

春が近付いてるからかしら?物欲に火が着いています。最近一本鞭を紛失してしまって、新調しようと色々見ていたはずなのに・・・なぜか拘束具やらラバーやらハイヒールのブックマークが増えていく・・・というか既にたくさんポチってしまった・・・。


3月27日(火)、通常出勤日ですがお休みをいただきます。お買い物天国の香港に行ってきます、こわいです。


[ 2018-03-20 (Tue) 00:38 ]  
   Category:お知らせ