FC2ブログ
なんの穴かはナイショ

少し前のことなのですがミュシャ展に足を運びまして、念願のナマ『スラヴ叙事詩』を観てまいりました。いやーまさか日本で全部揃ってるのにお目にかかれるなんて!なんだかんだで3時間くらいいてしまったし、たぶん会期中にあと3回くらいは行ってしまうと思います。

ほんっとーに素晴らしくて言いたいことはたくさんあるのですが、なにより強く感じたのは大きいことは、とても良いことだということでした(…バカっぽい?)。色合いや描かれた光景の美しさはともかく、本を眺めているだけでは感じられなかったあの大きさにとにかく圧倒されました。

科学博物館のクジラ、レンブラントの夜警、真下から見上げた東京タワー…どうやらわたしは大きいものが好きです。ただそこにあるだけで息を呑んで立ち尽くしてしまうような迫力。そこに在るだけでワクワクするし、単純で原始的な悦びが胸を打つ。




・・・で?なにこれ?なに、このちっちゃいの。

こんなちっちゃくて粗末なモノが、おまえの大事なモノなわけ?こんなちっちゃいの何に使ってんの?使い道あるの?こんなのでちゃんとセックス…できるわけないよね?こんなみっともないチ○ポ使ってくれる女なんているわけないもんね!?

どうせいつもひとりでシコシコ擦ってばっかりいるんでしょ、だったらホラ、いつもみたいにしごいて大きくしてみなよ!・・・何?それで大きくなってるの?嘘でしょ!?ちっちゃくて見えないんだけど!

こんな子供みたいなチ○ポしてるくせに一丁前にいやらしいことばっかり考えてるわけ?生意気じゃない?だったらちょっとでも大きくなるように手伝ってやろうか?それともおまえにはいやらしいこと考える権利なんて無いってわからせてやろうか?こんなみっともないモノ、どうなっても構わないよね!?



わたしは立派なペニスが好きです。粗末なものはペニスとして認めておりませんので、玩具にするかいたぶるか罵るか、とにかくペニスにあるまじき扱いをしてやることにしています。

ところが何故か、わりと立派なモノをお持ちのマゾに限って「粗末なペニスだと罵られたい」というファンタジーを持っているように思うのですが、そんなときには頭の中にスラヴ叙事詩を思い浮かべて徹底的に罵ってやろうと思います。


[ 2017-05-05 (Fri) 01:46 ]  
   Category:ふつうのはなし

20170309152712b42.jpg

シオラのレンタル品に、レザーのミトンが加わりました!

わたし、ミトン大好き。手が使えないだけで、どうしてあんなに不安そうな顔するんだろうね。ほんの小さな動きを封じ込めただけなのに、まるで全身を拘束されてしまったかのように怯える様子がかわいい。

私物のミトンを失くしてしまったばかりなので、嬉しいです。そのうちまた買おうと思っていたけど、せっかくプレーンなものがレンタルに加わったから、自分で買うのはもうすこしハードなものにしようかな。


20170309152655892.jpg

嬉しかったので、取り急ぎご報告まで。早く使いたいな。レンタルご希望のマゾ諸兄は、ご予約の際にお伝えくださいね。


[ 2017-03-09 (Thu) 16:14 ]  
   Category:お道具紹介

「プレイ中、七さまがなにを考えているのかがわからなくて怖いです」

自分がどんな顔してるかなんて意識したことないけれど、きっとそうなんでしょうね。えげつないことしながらニコニコ笑ったり、素足に奉仕させながら蔑んだ眼で見つめたり。普通に考えたら、その行為とわたしの表情は相反するかもしれない。まあ、わたしはおまえになにを考えているのかをわからせる必要は無いと思っているのだけれど。

実際なにも考えていないのかもしれないわね。わたしはただ、おまえをのぞき込んでいる。のぞき込んで、舌なめずりしている。深いところにある、そのどろりとしたものを引き摺り出してやろうと手を伸ばす。

フィジカルな責めや言葉の駆け引きはあくまで手段であって、わたしはただその正体を見たいのだと思う。ギリギリまで追い詰めたときの粟立つような肌や触れてもいないのになぜか感じる鼓動、紅く染まる首や胸元・・・そして、怒っているような、諦めたような、それなのにわたしに恋をしているような眼。それを見て、初めてわたしは考える。ああ、こいつをもっとどうにかしてやりたい、そのためにはどうすればいいんだろう・・・と。



(以下、血が苦手な人は閲覧注意!!!)

































2017030721315992f.jpg

画像は、遅ればせながらの書初め(今年はアマルコルドの書初め、参加できなかった!)。ひさびさに流血お習字したけど、意外ときれいな赤が出るんだなーと感心しちゃった。たまにこういうエクストリーム系やるとワクワクしちゃうよねー。


[ 2017-03-07 (Tue) 21:41 ]  
   Category:ふつうのはなし

20170208184533ca4.jpg


マゾの躾には根気が必要です。

わるいことをしたら都度、目を見て叱ります。何がいけないのかをしっかり教えてやらなくてはいけません。根気よく何度も何度も繰り返し叱ります。

それでもわからなかったら?今度はもっと身体的なアプローチで教えなければなりません。わかりやすい刺激で繰り返し教えましょう。まずは警告音、そして振動・・・それでもわからなければ、もっと強い刺激を。


本来犬の無駄吠え防止に使う首輪、をメタルの重い首輪と組み合わせたものを手に入れました。リアル犬にはこんなもの使ったことないし使う気もないけど、ものわかりの悪いマゾにはためらいなく使えそうです。電気系お道具の何が好きかって、刺激の強さのわりには跡が残らないのでそういう人にも使えるところよね。これ以外にも電気系はたくさん持っているので、跡を残せないけど刺激を求めるマゾは是非お試しあれ。




[ 2017-02-15 (Wed) 19:28 ]  
   Category:お道具紹介

ギャグが好きだ。とりわけ口の中にパンパンに詰め物をして、厳重に塞ぐタイプのギャグが好きだ。よだれダラダラ系も捨てがたいけど、見ていて興奮するのはスタッフド・ギャグの方だ。

同じ塞ぐのだとしても、目的によって詰める内容もボリュームも違うのがおもしろい。呼吸管理のために、口を大きく開くことによって拘束感を与えるために、声を奪うために、わたしの味をいつまでも口の中に残すために・・・何を詰めて何で固定するのか、その組み合わせを考えるのはほんとうに楽しい。

和風に手ぬぐいを使う?それともサラシ?ペニスを象ったギャグで口の中を犯し続ける?わたしの蒸れた下着を詰め込んでギャグボールで固定する?変わったところでは石鹸やらおみかんやらも使ったことあるし、ホント、組み合わせは無限大。

そんな中でもいちばん使うのは、わたしの履き古しのストッキングだ。ストッキングなんて洗濯したことないんじゃない?ってくらい、とにかくわたしはすぐストッキングを伝染させる。履いて行ったストッキングが伝染していることに着いてから気付き、それをそのままプレイに使って帰って来ることも多い(そして、たまに替えがなくて慌てる)。

詰めるのも良し、巻くのも良し。もちろんギャグ以外に使うことも多いけれど、わたしの使用頻度ナンバーワン使い捨てアイテムは間違いなくパンストでしょう。ガンガン使っているのに何故か最近在庫がダブついてきたので、そろそろ盛大にパンスト使う顔面拘束プレイでもしようかな。楽しみ。


2016121616442927f.jpg
(本文とは関係ないけど、何故かウィッグを被ってみたの図。髪切りたいな、切るか迷うなあ)


[ 2017-02-08 (Wed) 19:27 ]  
   Category:ふつうのはなし